娘、時々ネコ。たまにWebとか工作とか

2015年秋生まれの娘、夫、茶トラとサバトラの猫。3人+2匹で都内で暮らしています。

「男の子は言葉が遅い」という誤解はなぜ広まったのか

以下の記事で紹介したときにも少し触れました。

 

気になっていたけど未読だった「児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK」がkindle読み放題の対象になっていたので、早速読みました。育児で直面しがちな疑問を、エビデンスやデータに基づいて解説してくれており、かつQ&A形式なのですいすいと読み進めることができました。

 

児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK -子どもも親も笑顔が増える!
メタモル出版 (2016-10-27)
売り上げランキング: 2,207

 

以下、該当箇所の引用になります。

乳幼児発達検査で言葉の能力について評価するとき、男女の評価基準に違いは設けられていません。つまり男児でも女児でも共通の指標を使って、現在の言葉の発達がおよそ何歳何ヶ月程度であるかなどということを判断します。

 

医学論文を検索しても、男児の方が女児よりも言葉の発達が遅いとするデータは見当たらず、最近イランで600人野子供を対象に行われた言語発達の研究では言葉の発達の遅れと性別に関係はなかったと報告されています。

 

確かに、先日1歳半健診を受けてきたのですが、そこでの発達チェックは男女同じ基準で行われていました。母子手帳を見ても、身長や体重は男女別の成長曲線が書かれているけれど、年齢ごとの発達に関するチェック項目には男女差はなし。そうした事実から冷静に考えると、確かに「男女で言葉の発達に違いがある」というのは根拠がないことだな、と分かるのですが、ママ同士で集まると「やっぱり女の子は言葉が早いねー」「男の子だからゆっくりで」という会話が普通に繰り広げられるし、私自身もこの「誤解」をすっかり信じ込んでいました。

 

ネットで検索しても、「男の子は言葉が遅い」ということに理由付けをしている記事が色々引っかかってきます。左右の脳を繋いでいる脳梁部分は男性よりも女性の方が太いことや、言葉を話すときの左右の脳の使い方の違いなど、「男性と女性の脳の作りの違い」に言及している記事もあったり。そうした記事を見ながら、なぜこんなに「男の子は言葉が遅い説」が普及しているのかな、と色々考えた結果、一つ思い当たることがありました。

 

先日、ほぼ同じ月齢の子供を持つママ達と一緒に集まっていた時のことです。中に一人、とても良くおしゃべりする女の子(Aちゃんとします)がいました。Aちゃんは、とにかく自分が知っていることを一生懸命話そうとします。まだ単語レベルですが、知っている単語を並べたり、名前が分からないものでも「あか!」「あお!」「まる!」と自分が理解できる特徴を伝えたり、興味のあるものを見つけては「ママ、ママ!」と呼びかけたり。とにかく、コミュニケーションを取ろうと一生懸命。

 

そんなAちゃんを見て「Aちゃん言葉早いね、やっぱり女の子は早いねー」ということを言う他のママたち。私も何の疑問もなくそう思っていたのですが、上の本を読んだあとに改めてこのことを思い出すと、あれ?と思うことが。Aちゃん、確かに集まった子供達の中では一番おしゃべりで、一番コミュニケーションをとることに積極的だったのですが、よく考えると「発達の度合い」だけで考えると、他の子もそう代わりはなかったのでは?と。

 

Aちゃんが出来ていた「意味のある単語を話す」「ママに呼びかけて自分の方に向かせようとする」といったことはその場にいた他の子供もみんな出来ていて、ただそれを「どのくらい積極的に披露するか」が違っていて。これって結局、「女性はおしゃべりだよねー」「男性って思っていることをあまり言葉に出さないよねー」という性差に基づくコミュニケーションの手法の違いであって、「発達の度合い」だけに注目すると、実はその場にいた子供達の間に差はなかったのでは、と。

 

言葉の発達は「何が話せるか」「何語ぐらい言葉がでるか」といったことで判断するけれど、「それをどのくらい話すか」は発達ではなく性格の問題なのではないのか、ということを思いました。極端な話、意味ある単語が30-50ぐらい言えても、寡黙な性格であまり積極的に話さない子もいれば、10語ぐらいしか言える単語はないけれどとにかく知っている単語でコミュニケーションを取ろうとする子もいるわけで。両者を比べると一見、後者の方が「発達が早い子」に見えがちで、そうしたことが「女の子は言葉が早い」「男の子は言葉が遅い」という誤解を産んできたのではないかなあと。

 

「育児に関するデマ」にはだまされてないぞ!などと思い込んでいましたが、それでも「疑うこともなく信じてしまっていること」はあるのだなあと。その意味でも、専門家の方がエビデンスを示して解説してくれているものをきちんと読むことはやっぱり重要ですね…

 

パイナップルに興味津々のサバ白さん。それ食べれないから…

f:id:silver-tabby:20170426235248j:image

妊娠出産子育てカテゴリのおススメ本:メタモル出版の「専門医ママ(パパ)の本」シリーズがkindle読み放題に出ています!

そろそろ解約するかと思ってアクセスすると、何となく面白そうな本を見つけてはそのまま継続してしまっているkindle読み放題。一時のブームが過ぎてしまうと巷では「もう終わった」的な扱いをされていることも多いようですが、よくよく探すと結構よいラインナップだったりします。さすがに最新の話題図書が入ってくることはあまりないですが、少し前に話題になった本などが入ってきていることはチラホラと。

 

ただ、この「よくよく探す」というのが結構難しく。Amazonは「読み放題を継続させる意思が本当にあるのか…?!」と疑ってしまうくらい、kindle読み放題もじゃ「面白そうな本」を探す機能が備わっていません。カテゴリ別の絞り込み以外に備わっている機能は、「発売日」「作者」「出版社」「レビュー」の絞り込みのみ。唯一「レビュー」は使えるかなと思ったのですが、レビューが1件のみで評価5なんて本も入ってくるので、かなり精度は低く…せめて「レビュー数が○件以上のもので、評価ポイント順に並べ替え」とかできたらよいのですが。

 

なのでもうあきらめて、時間のある時に順番にひたすらリストを上から眺めます。ぽちぽちぽち…とひたすらボタンを押していくと、結構掘り出し物が見つかったりします。

 

今日もそんな感じでぽちぽちやっていると、「妊娠・出産・子育て」カテゴリでおススメ本を見つけました。メタモル出版から出ている「専門医ママ(番外編でパパも)」シリーズです。宋美玄先生や森戸やすみ先生など、blogやtwitter界隈で積極的に発言されているママドクターが書かれた、「妊娠・出産・育児の迷信や妄言をばっさり切る」シリーズ(と私は勝手に思っています)。ネットで検索すると出てくる「妊娠・出産の常識と思われていること」に、エビデンスがあるかどうかをきっちり確認してくれているので、「ネットの情報は何が正しいか分からない・・・」と不安を抱えている方にオススメです。

 

うち3冊は私は既に購入済みでしたが、未読だった2冊を早速ダウンロードしました。

 

なお、以下の本は2017年3月27日時点で読み放題の対象となっている本です。kindle読み放題はかなり頻繁にラインナップに加わったり外れたりするので、この記事をご覧になるタイミングによっては既に読み放題を外れている可能性があることをご了承ください。

 

妊娠したらまずこれを読もう

産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! (専門医ママの本)
小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

母乳派もミルク派も、お母さんと子供がらくちんになればどっちだっていい

産婦人科医ママと小児科医ママの らくちん授乳BOOK
メタモル出版 (2016-10-27)
売り上げランキング: 3,178

こちらはまだ未読。気になっていたので早速DLしました

児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK -子どもも親も笑顔が増える!
メタモル出版 (2016-10-27)
売り上げランキング: 2,207

「食育」が気になるのはもう少し先ですが、読んでみることに

乳幼児から高校生まで! 管理栄養士パパの 親子の食育BOOK (専門医ママの本・番外編)

【品川区保育園情報】H29年度より認可外保育園へ通う子供への保育料助成が決まったようです

ソースは今年認可に入園した友人。保育園の決定通知書に同封されていた資料に、以下のことが記載されていたそうです。友人に共有してもらった資料をベースに以下記載していますが、確実な情報を知りたい方は区の保育園入園係にご確認ください。区のHPにはまだ見当たらないようですが、書類で配布されているものなので、問い合わせればきちんと答えてくれるかと思います。

今回の制度の変更点は

大きく以下の2つ。

  1. 認可不承諾で認可外保育園(認証保育園をのぞく)に通うことになった子供に助成が出ること
  2. これにともない、入園審査の際の加点の基準(認可外待機の加点)が変わること

以下それぞれについて説明します。

 

認可外保育施設に通う子供への保育料助成

1を簡単に説明すると、「認可を落ちて認可に通うことになった子供に、それぞれ5万円(0歳)、4.5万円(1歳)、4万円(2〜5歳)の助成金が出る、というものです。

 

品川区はこれまでも、認証保育園に通う子供には認可との差額を補助するという助成制度がありましたが、この認証保育園への助成制度とはいくつか異なる点があるのが注意すべきポイントです。

 

認証保育園の助成は、0〜2歳クラスであれば「認可に申し込んでなくてもよい」「認可に通ったけど辞退していてもよい」とかなり緩い基準でした。極端な話、働いていなくて認証に通っていても補助が出る…という(その状態で認証に入園できるかどうかはまた別問題ですが)。

 

それと比較して今回の「認証以外の認可外への助成」は、「認可に申し込んでいて、かつ不承諾となったことが必須」「認可に受かったけど辞退した場合は助成が出ない」と、あくまで「認可に落ちた人」が対象となっています。

 

ただし、助成の対象となるのは全ての認可外保育園ではありません。「東京都から認可外保育施設の指導監督基準を満たす旨の証明書が交付されている施設」のみが対象です。この条件を満たせば、品川区内/区外に関わらず助成の対象となります。

 

保育園入園審査の加点基準の変化

他の多くの自治体と同様品川区の保育園入園審査にも、子供を認証/認可外保育園に預けていると点数が加点される「認可外加点」が存在しました。他の自治体と少し違ったのは、品川区の場合「認証」は2点、「認可外」は3点、と加点が違った点です。

 

加点が異なる背景は、従来からあった「認証保育園の保育料助成制度」が理由だと思われます。品川区の認証保育園に通う子供にはその保育料が助成される制度があり、0〜2歳クラスだとその助成額は「認可保育園に通った場合の保育料との差額」です。つまり、認可に通うのと同じ金額で認証保育園に通えるのです。一方で、これまでは認証ではない認可外保育園への助成はなし。負担金額が大きい分加点を高くつける、というのがこれまでの状況でした。

 

今回、認可外の保育料補助がでることにより、この加点の差がなくなります。認可外保育園でも補助が出ない園に通っている場合はこれまでどおり3点の加点がありますが、補助の対象となる園に通っている場合は、加点は認証と同じ2点になります。

 

ありがたい制度変更だけど、一点気になる点が…

今回の制度変更により、認可/認証に通う場合と認可外に通う場合の費用差がかなり小さくなります。認可外保育園に0歳児をフルで預けると一般的に月額10万円以上の費用がかかりますが、その費用の半分程度が補助されます。非常にありがたい制度ですが、「保活」という観点で考えると一点気になる点も。

上で書いた通り、これまでは認可外待機の加点>認証待機の加点、でした。この仕組みを利用して、待機児童になった場合に翌年の入園可能性を高めるために、「あえて認証ではなく認可外に入れる」という選択肢を取る家庭も存在していました。事実、我が家がその方針で、認可に落ちた場合を想定してあえて認証ではなく認可外を中心に保育園を探して見学し、入園予約金を払って予約していました。0歳クラスで認可に落ちた場合に、1歳で認可に入れる確率を少しでも高めたい、と考えたからです。

しかし、今回の制度改定により、上記の方法は使えなくなります。勿論、「加点対象となっていない認可外を保育園をあえてえらぶ」という方法も考えられますが、加点対象になっていない保育園とはすなわち、「東京都から認可外保育施設の指導監督基準を満たす旨の証明書が交付されていない施設」です。これをどう捉えるかは個人の判断になりますが、少なくとも我が家は認可外保育園を選ぶ基準として「証明書が交付されていること」を挙げていました。そうした家庭にとっては、なかなか難しい制度改定になりそうです。

とはいえ、基本的には歓迎すべき制度変更だなと

とはいえ、上記は「保活で有利になるための小技」みたいなものであり(その手段を考えていた私がいう話でもないですが・・・)、本来の目的の「保育園にはいれない子供を少しでもでも減らす」という方向で考えると、確実に歓迎すべき施策です。「月10万円は払えないけど、5万円なら・・・」という家庭にとっては、保育園不承諾で退職になるという事態を避けられるのですから。

以前も書いた通り、品川区はなぜか流布しているイメージとは違って、そこまで「保育園に入りやすい」区ではありません。

 

ただ、様々な施策から「待機児童を減らしていこう」という姿勢は強く感じられます。

 

今日も全力で伸びてます。

 f:id:silver-tabby:20170324212110j:image

 

 

 

 

 

 

ワンオペ育児で辛いのは肉体的な負担ではなく精神的な負担

娘は間もなく1歳半。少し早いイヤイヤ期の兆しか、最近何かと「ヤダ」と言うようになりました。保育園に行こうかというと「ヤダ」、お風呂に入ろうというと「ヤダ」、寝ようかというと「ヤダ」。見ている感じでは、一部のことをのぞいては本当に嫌なのではなく、とりあえず「ヤダ」と言ってみたいだけな様子なので、まだ本当の意味のイヤイヤ期ではないのかもしれませんが。

 

ただ、本当に嫌な時はかなり本気で愚図るようになってきており、特に最近ではお風呂がそれにあたるようで。あの手この手でお風呂に連れて行こうとするのですが、全力で抵抗し、床に突っ伏して、「ヤダヤダヤダヤダーーー!」と泣き叫びます。

 

夫は家事育児にはかなり協力的で、というか自分でも「育児に向いてないわー」と改めて思っている私よりも積極的に育児を担ってくれています。おかげで私がワンオペ育児になる機会は、世間一般からするとかなり少なそう。ママ友の話を聞いていると、「平日夜は夫の帰りが遅いから基本ワンオペ」という人も少なくないようで。

 

おかげさまで、上記の「イヤイヤ」に対応するのも基本は夫と二人で、その場合は愚図られても泣き叫ばれても、あまり精神的に辛くない。夫が基本楽天的で、愚図る娘を見ながら「娘ちゃんは泣いても可愛いなー☆」などと言えるタイプだからかもしれませんが。夫と一緒のときは私も「娘ちゃんの泣いた顔は般若のお面みたいねー」などと適当なことをいいながら対応するだけの余裕があります。

 

ただこれがワンオペになると全く無理。泣き叫ぶ娘にイライラが募り、これ以上イライラしてはいけない…と思って、なるべく何も考えないようにしながらただひたすら作業をこなすかのように娘に対応する私。心を無にし、聞こえている泣き声を「これはこういうBGM」と自分に言い聞かせながら、何も考えずに機械的に娘を風呂に入れ、着替えさせ、寝室に連れて行くという「作業」をこなす。こんな心の無い対応は良くないよなあ、と思っても、心を向き合わせて対応していると逆にイライラが募りそうで。

 

閉ざされた空間で、まだ自分の言いたいことを思うように言えない娘と二人きりで、その娘が私に何かを泣きながら訴えかけているのに、私はそれを分かってあげることができない。娘を辛くさせているということに加えて、自分がそれに対応してあげられないという不甲斐なさ。娘の鳴き声がまるで私を責めているような気すらしてしまい、そこから逃げることができない、という辛さがあります。

 

一人のときと二人のとき、作業量的には単純に倍違うだけなのですが、個人的な間隔としては精神的な負担は10倍ぐらい違います。まだ子供が小さいころは、ワンオペ育児の負担は「ずっと抱っこしていないと寝ない」「寝てもすぐ起こされる」といった肉体的なものが大きかった。が、ある程度大きくなってきた今は、ワンオペ育児の辛さは精神的なものの方が大きいのかもしれない、ということを最近思います。

 

何故に猫は紙袋があるとそこに入るのか…

f:id:silver-tabby:20170319221546j:image

「作り置き生活」をスムーズに始めたい人への3つのアドバイス

 数ヶ月前から「作り置き」生活を始め、ようやくなんとなく軌道に乗ってきました

f:id:silver-tabby:20170131082437j:image

今週の作り置き。左上から順に

麻婆豆腐

鶏肉のはちみつ生姜焼き

煮卵

エリンギと玉ねぎのバターポン酢炒め

ツナとコーンと玉ねぎの炒め物

小松菜と高野豆腐の含め煮

鮭の南蛮漬け

 

写真撮り忘れましたが、これにカブのポタージュが加わります。

 

作り置きといえば有名なのがこちらのサイト。

 書籍化もして、一躍有名になりました。

 

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)
nozomi
光文社
売り上げランキング: 839

 私もその一人ですが、このサイトに触発されて「作り置き生活」を始めよう!と思い立った人も多いのではないでしょうか。

 

作り置きを始めようと思った理由は、もう一つあります。子供が生まれるまでは料理は週末程度、平日は夫婦二人でお互い仕事で遅くなることも多く、外食かスーパーの惣菜か、という生活でした。子供がいない時はその生活でも大きな問題はありません(健康への影響という点はおいておいて)。ただ、子供ご生まれてさすがにこの生活はまずいよな、と思うように。離乳食完了までは、私の離乳食バイブル「フリージング離乳食」に従って「週末に素材を加工して冷凍」→平日はレンジでチンのみで調理、という生活を続けていたのですが、離乳食が完了するとさすがにそうはいかない。

 

平日夜、子供にきちんとした食事をたべさせてあげるためには、

  1. 毎日、帰宅後に作る
  2. 毎朝、夕食を作っておいて帰宅後に暖める
  3. 週末に1週間分を作り置きしておいて、毎晩暖める

のどれかしかなく、1と2は出来る気が全くしないことから、必然的に3となりました。

 

サイトを見てると管理人のNozomiさんが「今週は100分で8品作りました」なんてさらっと書いているので、「週末2時間弱の調理で一週間分のご飯ができるのなら、かなりいい方法なのでは?」と、始める前は「なんか楽にきちんとした食事がとれる裏技見つけた!」的にわくわくしていました。

 

ただ、「100分で8品」はあくまで「作り置きに慣れている」人の話。作り置き初心者が、しかも料理も週末ぐらいしかしない、という人間が最初からこのレベルに到達できる訳もなく、サイトを真似して「よーし、早速メイン3品副菜5品の8品つくるぞー」と盛り上がると、ほぼ間違いなく失敗します。途中何度もあきらめながら試行錯誤すること6ヶ月間、ようやく作り置き生活が軌道にのってきた私が、「今自分が作り置きを始めるならこうするのになー」と思うポイント3つをまとめてみました。 

いきなり8品とか作らない。まずは3品程度から

 「つくおき」のサイトを見るとNozomiさんが毎週8品とか作られてますが、初心者は真似をしない方がよいです。私が最初にこれをやろうとして起こったことは

  • 予定の3倍ぐらいの時間がかかる。当初は「2時間で8品」とか思っていたのに、1時間たってもまだ2品しか完成していない。
  • 2時間ぐらい経過した後に、大量に残る未調理の材料を眺めながら先の見えなさに呆然とする。これまでやったことのない同時調理は結構頭を使うので、この時点で頭がかなり疲れている。
  • 同時に立ち仕事の疲れがどっと出てくる。えっと、あと4品作るためには何をどの手順で考えればいいんだっけ…ということを考えようにも頭が働かず「もう今日はこれでいいか、メニュー決まってるし残りは平日の時間のある時に調理すれば…」と考える
  • ・当然平日に調理できるはずもなく、材料がどんどん古くなっていく…

複数の料理の同時調理は思った以上に頭を使いますし、体も疲れます。なので、料理慣れしている人ならともかく、普段はせいぜい一度に1-2品しか作らないという人は、最初は3品ぐらいから始めるのがよいかと。最初になんどか「8品調理」をやろうとしてことごとく失敗した私は、心を入れ替えて「メイン1品、副菜2品」の3品を多めに(各2-3食分ぐらい)作ることにしました。

 

「手抜き料理」「手のかからない野菜」を積極的に使う

 作り置きするメニューを選んでいるとどんどん夢がひろがり、手の込んだ美味しそうなメニューが目にとまりがちです。一方で、料理初心者ほど「1つの素材を切って和えるだけ」「切って煮るだけ」といった単純な料理を「せっかく料理するんだし、もうちょっと手を加えた方が美味しいんじゃ?」などと敬遠してしまうことも。みんながそうではないかもしれませんが、私はそうでした…

 

ただ、1品だけ作るなら「あえて手の込んだもの」でもいいかもしれませんが、8-9品作るなら絶対に「手抜き料理」「手のかからない野菜」を積極的に使っていくことは避けられません。

 

私が思っている「手抜き料理」は「素材は1-2品だけで、それを和える、煮る、焼く、だけでできるもの」です。野菜1品だけを使って和えたり煮たりするもの、切り干し大根や高野豆腐などの乾物、などがお勧めです。

 

また、「手抜き野菜」とは、下準備に時間がかからない野菜です。私の中では、カットしめじ(ばらされて袋詰めにされているしめじ、そのまま使える)、キノコ類(皮をむく必要なし、洗わなくてよい)、なすび(皮を向かなくてよい、カットするだけ)、タマネギ(皮は手でむける)、水栽培のほうれん草や小松菜(洗うときに土を気にする必要がない)、あたりが「手のかからない野菜」です。書いてて気がつきましたが、私は「皮を剥く」「土を落とすために洗う」作業が本当に嫌いみたいです…

 

上記の、私の今週の献立だと、以下が「手抜き料理」

 

  • 小松菜と高野豆腐の含め煮:高野豆腐は切れているものを、小松菜は水栽培を購入(土を落とさなくてよい)。これで、小松菜を切って高野豆腐と一緒に出汁(高野豆腐に付属)で煮るだけ
  • エリンギとタマネギのバターポン酢炒め:エリンギもタマネギも皮むきに手間のかからない「手抜き野菜」。これを切って、バターでいためてポン酢をかけるだけ
  • 煮卵:ゆで卵を作って、麺つゆにつけるだけ(!)

 麻婆豆腐や鮭の南蛮漬けなどはちょっと手がかかっている部類です(あくまで私の中で、ですが…)。手抜き料理ばかりだとさすがにちょっと寂しい気持ちになってくるので、半々か手抜き料理やや多め、ぐらいのバランスで考えるのがよいかと。

一度に作り切ろうとしない。土日のどこかで1〜2時間程度の時間を何スロットか使う

 上記の2つを守っても、最初の頃は8-9品仕上げるのに4時間程度かかりました。今でも3時間ぐらいかかっています。3-4時間をまとめて作業すると途中で疲れがでてきてやる気がなくなってしまうので、今は1-2時間のスロットを2-3回とって作業しています。今週末だと

  • 土曜の夜、子供の夕食を作ったその流れで1時間ほど作業
  • 日曜の午前中に1時間ほど作業(子供は夫が外で遊ばせている)
  • 日曜の夕方、子供の夕食を作った後にそのまま1時間ほど作業

という感じで合計3時間程度作業しています。3時間ぶっ続けだと疲れますが、1時間程度であればそれほどでもなく。

ある程度軌道に載ってくれば、作り置き生活はかなり快適です!

そんな感じで途中何度もあきらめながら試行錯誤すること約半年。ようやく「基本は週末に8-9品作る、イベントなどあって忙しい場合でも3-4品は作る」という生活が軌道にのってきました。軌道にのれば、作り置き生活はかなり快適です!メニューによっては作り立てを食べるよりも味が落ちているのかもしれませんが、なんといっても「冷蔵庫に暖めればいいだけの食事が常にある」ことの安心感といったら!朝忘れずにご飯さえ炊いておけば、夜帰宅してから15分で食べれます。

 

まだ子供は離乳食完了期で、作り置きで作ったものは一部しか食べれませんが、この感じだと離乳食が終わって幼児食になっても、大人作り置き+薄味の子供用作り置き、でなんとかなりそうです。それまでにちょっとずつ「大人も子供も食べられる作り置き」メニューを増やしておきたいな、と考えています。

 

IKEAで買って来たトンネルに収まるのが最近のマイブームのようです。 

f:id:silver-tabby:20170205230029j:image

東京23区保育園の「一次募集不承諾者数」をまとめてみた

以前こんな記事を書きました。
silver-tabby.hatenablog.com

偶然区議会議員の方のtwitterでの発言を見つけたので品川区の保育園の「一次募集不承諾者数」を知ったのですが、各自治体で「待機児童数」は発表するけど「不承諾者数」は発表されないよなあ、と疑問に思いました。区のHPとか見ても出てこないんですよね。

「保育園を考える親の会」という団体で発行している「100都市 保育力充実度チェック」という冊子では、独自調査で入園決定率(新規入園が決定した児童数/認可に入園申込をした児童数)を調べているようなのですが、これ冊子で購入しなければいけないんですよね。700円だし、本屋で売っていればさくっと買う値段なのですが、こちら郵便振替で後払いで…とちょっと面倒くさい。自分がこれから保活する立場であれば買ったかもしれませんが、単に興味があるレベルだとそこまでして…ちょっと億劫になってしまう。これ、kindleDTPで出してくれたら、かなりの人が購入すると思うんですけどね…

そんなことを考えている中、上の区議会議員の方の発言を見ながら「あれ、もしかして区議会の議事録とか見たら、この保育園一次不承諾者数の数が分かるんじゃないの?」と思いついたのです。早速検索すると、ありました区議会議事録検索システム。東京23区は全てありました。そこで「保育園 不承諾」「保育園 承諾」とかの単語で検索してみました。すると、結構な数の発言がヒットしました。

議会での議員の方の発言で、中には厳密な数値でないものもありますが(不承諾数は○○に人程度になると聞いていますが…みたいな)、公的な場で発言されているものなのでそれなりに信用できるものではないかと。議会の発言の中から「2016年4月保育園の一次申込数」と「一次不承諾数(あるいは承諾数)」の数字をとって、そこから一次募集入園決定率を(申込数-不承諾数)/申込数で出してみました。その結果がこちらです。

区名 一次申込数 不承諾数 入園決定率 ソース
足立区 4,431 1,752*1 60.5% http://ur2.link/z6lr http://ur2.link/z6iM
荒川区 1,483 406 72.6% http://urx2.nu/Beir
板橋区 4,039 1,635 59.5% http://ur2.link/z6j2
江戸川区 不明 1,700 -- http://ur2.link/z6jb
大田区 4535 1822 59.8% http://ur0.work/sb6x
葛飾区 不明 不明 -- --
北 区 2,178 605 72.2% https://goo.gl/81aO1K http://ur2.link/z6n1
江東区 4,700 1,900 59.6% https://goo.gl/1gHtEg
品川区 3365 1185 64.8% https://goo.gl/c1kuF4
渋谷区 1,735 920*2 47.0% http://ur2.link/z6n7
新宿区 不明 424 -- http://qq4q.biz/yKmB
杉並区 3,975 不明 -- http://ur2.link/z6oh
墨田区 1845 691 62.5% http://urx2.nu/BekH
世田谷区 不明 不明 -- --
台東区 1367 674 50.7% http://urx2.nu/BekS
千代田区 不明 251 -- http://urx2.nu/BekX
中央区 1,673 623 62.8% http://ur2.link/z6jr
豊島区 不明 不明 -- --
中野区 2,094 796 62.0% http://ur2.link/z6jJ
練馬区 4,619 1,610 65.1% http://ur2.link/z6k6http://urx2.nu/Belk
文京区 不明 699 -- http://urx2.nu/BelF
港区 2,125 841 60.4% http://urx2.nu/BelN
目黒区 2049 50.0% 1024 http://ur0.work/sb6J


基本は議会の会議録か区議会議員のSNSでの発言等。一部、ニュースなどで数字が出ていたものはそれを引用しています。以外に「不承諾数は分かるけど応募者数は不明」というのがいくつかありました。議会では資料を見ながら話すので、おそらくはその資料には書いているけど口頭では話していない、というケースがありそうなんですよね。「本年度の応募状況は資料1の通りですが(ここに応募数が書いてある)、ご覧の通り一次不承諾数が○名で…」みたいな。応募者数は区のHPに載っているかと思いきや、区のHPで発表されている数字は「延べ応募数」なので、「応募人数」ではないのですね。「延べ応募数」を「1人が応募できる保育園の数」で割れば大体の応募数が出るのかもしれませんが。

何はともあれ23区中15区までは数字を出すことが出来ました。もうちょっと頑張ったら他のデータも出てきたかもしれません。待機児童問題で良く話題にあがる「世田谷」「目黒」「文京」「杉並」あたりのデータが不完全なのがちょっと残念です。あと、「待機児童ゼロだよ!」と唄っている千代田区の実態も気になります。数字は出ていませんが、議会議事録を読む感じだとどう見ても「一次不承諾ゼロ、全員が認可保育園に入れました」という状況ではないみたいですし。時間があればもう少し調べてみたいと思いますが、さすがに調べ疲れたので一旦公開です。どなたかこのあたりの数字を見つけた方がいたら是非教えてください…

こうして並べてみると、確かに区によって差があるものの、一般に言われているほど「保育園に入りやすい」区はないんだなあと。今数字が出ているところだと、最も入園決定率が高いのが荒川区北区で72%、最も低いのが渋谷区の47%。「入りやすい区」でも、3割は一次不承諾なんですね。3人に1人が不承諾だったら、そりゃ「保育園落ちた!」の悲鳴があちこちで上がるよなあと。

ちなみに、この「一次不承諾」のうちの何割かの方は、認証保育園/認可外保育園/小規模保育、等に入園します。品川区の場合だと一次不承諾1,185名のうち、およそ800名程度が認証/認可外に入園しているのでは無いかと思われます。その数字をのぞいた200名程度が、区が発表する「待機児童」としてカウントされているようです。
silver-tabby.hatenablog.com

二匹そろって、風呂場の水が大好きです。
f:id:silver-tabby:20170128000631j:plain

*1:2,883名に対し4,431名が申込みとありここから差し引くと不承諾は1,548名ですが、別の発言で「不承諾は1,752名」とあったのでそちらを採用。居住地により定員に満たなかった保育園もあるということでしょうか

*2:入園申込数1,735と新規入園数815の差分。二次募集での入園も含まれるため厳密な一次不承諾の数ではないかと思われますが、二次募集での入園は本当にわずかだと想定されるので、この数値を近似値として採用

猫とルンバと1歳児がいる家(床暖房あり)でジョイントマットを選んでみた

娘がはいはいを始めた6ヶ月頃に、リビング用のジョイントマットを購入しました。子供がいる家庭の定番とも言えるこのアイテム、やはり多くの人が使うだけあって便利です。

 

さて我が家には1歳児に加えて、毎日大運動会を広げる猫2匹と、その猫たちが撒き散らした毛を毎晩掃除してくれるルンバがいます。猫とルンバと共存できるジョイントマット・・・ということで、色々考えた結果以下を選定の条件としました。

 

  1. ルンバが引っかからないように「ふち」が斜めカット
  2. ほぼ間違いなく猫が爪とぎすると思われるので、パーツ単位での追加購入が可能
  3. 市松模様以外の、シンプルなデザイン(市松模様、好き嫌いがあると思いますが私は「いかにもジョイントマット!」という感じで好きではなかったので…)
  4. 床暖房の上に敷いても問題ない

マンションの上下の空間にかなり余裕があるようで、振動問題はそれほど気にしなくてもよさそうなので、厚さに関してはそれほどこだわらず。

 

最近はおしゃれなジョイントマットも増えてきているので、3だけなら割と豊富にあるのですが、そこに1、2が加わると一気に選択肢が減ってしまう。 しかし猫とルンバが共存する家では1、2は必須なのです。ルンバはジョイントマットぐらいの段差は平気なので1は不要…という意見もあるようですが、ふち部分の掃除のスムーズさを考えるとあった方がよいなあと。4は、コルク素材などでない限りは、大体大丈夫みたいですね。

 

色々検索した結果、購入したのがこちら。

 

「ツートンカラー」という名前がついていますが市松模様ではなく、中心部と縁で色が異なるタイプです。私はが購入したときは、木目調でない一色ものは「センターベージュ」しかなかったのですが、今は「カフェキャラメル」もあるようです。こちらもなかなかいいですね。

 

さて、実際に購入後使ってみたのですが、2を条件にしたのは大正解でした。キャットタワーに爪研ぎ用のポールもあるのですが、うつぶせ姿勢での爪研ぎがやりやすいからか、もう格好の猫の爪研ぎ場所です。こんな感じになります。

f:id:silver-tabby:20170124134305j:image 

購入して1年とちょっと、すでに2回「縁だけ」を追加注文しました。縁の注文はamazon楽天からはできず、会社に電話してオペレーターさんに注文を受け付けてもらう形になるのでちょっと面倒ですが、2回め以降はそのときにやり取りしたメールからも注文できました。

 

ちなみに縁は上記のような形であっというまにぼろぼろですが、本体もそれなりに痛みます。爪は研がないですが、爪をたてて駆け抜けていくだけで穴がぽつぽつと空いてくるんですよね…そろそろ丸ごと交換のタイミングかもしれません。

 

舌を仕舞い忘れてお昼寝中のサバ白さん。いつもこんな感じでお昼寝だとマットも痛まないんですがね… 

f:id:silver-tabby:20170124134314j:image